セブ島✈️操縦体験レポート

セブ島体験記

✈️体験操縦編✈️ 

セブに来たら絶対にやりたかった事

皆さん、体験操縦はご存知ですか?日本ではなかなか難しいですが、海外では資格がなくても小型機の操縦が体験出来るんです。セブでも体験が可能ということで、セブへの旅行が決まってすぐに予約しました。今回はその時の様子をレポートします!

当日の流れ~体験操縦

当日はホテルまでお迎えが来てくれました。

飛行場に着いたら先ずは注意事項をしっかり聞き&読み、誓約書にサイン。お支払いも先に済ませます。

それが終わったらすぐ搭乗です。

 

                    今回お世話になった子↓  

 

講義的な説明はなく、実際に操縦席に座ってから説明を受けます。

操縦席には計器やボタンがいっぱいで、正直、全然覚えられませんでした;

ざっと説明を受けたらいよいよ出発です。 

エンジンが入り、自分の操作で動き出した時は感動しました!

 

使用滑走路まで地上走行します。これがなかなか難しく、苦戦;指示を受けながら滑走路に到着したら、離陸許可を待ちます。管制官とのやりとりはキャプテンがしてくれますので、ご安心を。

いよいよ離陸です。滑走路からタイヤが離れた瞬間、飛んだ!と心の中で叫びました。またもや感動の瞬間です。そこからは高度を上げて、一定のところまで目指します。キャプテンが都度、指示を出してくれますのでその通りに操縦します。感動に浸っていたのも束の間。今度は自分の手にこの飛行機の運命が全てがかかっているとう妙なプレッシャーに襲われました。自分の操縦次第で飛行機が上下に動くので、全身ドキドキです。実際は何かあったらキャプテンが操縦を代わってくれますので、そんなプレッシャーを感じなくていいのですが、、、。

最初の方はコードを一定に保つのが難しく、揺れてしまいました。そして続く緊張感。とはいえ、目の前に広がる景色は絶景!ずっと憧れていた飛行機の操縦席からの眺めは言葉にならないくらい綺麗でした。

写真だと伝わりにくいですが、目の前に広がる景色はとても綺麗でした。

 

ただ操縦するだけではなく、見えている場所・景色に関してキャプテンが説明してくれますので、フィリピン観光としても楽しめます。 

チョコレートヒルズも間近に見えます。

 

移り変わる景色と共にしばし観光を楽しんだ後は、旋回して帰路へ。

コードを変えないで旋回を行うのが難しかったです。どうしてもコードがぶれてしまい、キャプテンに指示してもらいながら修正。旋回はもうないと思っていたのに、この後着陸許可がなかなか下りずに何回も空港周辺を旋回することになりました;

今思うと、これも貴重な経験でした。空港から遠くならないところでくるくると上空を回るのは楽しかったです。毎回着陸待機になるとは限らないと思うので、これはその時の空港の状況次第になるかと思います。

着陸許可がいよいよ下りて、着陸です。

楽しかったフライトも終盤。後はキャプテンに細かく指示してもらいながら最後の大仕事です。見えてくる滑走路に向かって姿勢・コードを調整していきます。タイヤが滑走路について、無事に到着。着陸できた時の達成感はとても大きかったです。

着陸をこのアングルで見れることないので、かなり貴重な経験です。

滑走路から駐機場まではまた地上走行して戻ります。所定の位置に駐機してフライトは無事に終了。

着いて一言目の感想は、もう一回操縦したい!でした。

 

後はシップの前で記念撮影をしてもらい、お部屋で一休み。キャプテンと談笑している間に素敵な記念品が♪

名前と日付がちゃんと入るので、一生物の記念になります。

名残惜しくも、シップとキャプテンにお別れをし、興奮が冷めないまま所定の場所(ホテル)まで送って頂きました。

本当に楽しくてあっという間のフライトでした。ずっと飛行機を操縦するのが夢だったので、セブで大きな夢を1つ叶えることができました。

皆さんもセブ島に行かれる際は、日本ではなかなか経験出来ないキャプテン体験してみてはいかがでしょうか。